有線放送キャンシステム番組案内サイト有線放送のお申し込みはこちら
Cansystem PICK UP :「コンテンポラリー・ジャズ・ボーカル」CORE PORT(コアポート)

 

CORE PORT:コンテンポラリー・ジャズ・ボーカルお勧めアルバム紹介

SSW的側面を強化しながらシーン注目のミュージシャン達と共に
コンテンポラリー・ジャズ・サウンドとシンクロした最新作!
グレゴリー・ポーター、日本盤のみレナード・コーエンのカヴァーを収録!

ライラ・ビアリ『アウト・オブ・ダスト』 ライラ・ビアリ

ライラ・ビアリ『アウト・オブ・ダスト』(RPOZ-10056/定価:\2,640(税込)/2020年4月8日発売)
本作はコンテンポラリー・ジャズ路線をさらに成熟化させ、それと比例するようにシンガー・ソングライターとしての良質な資質が露わとなったサウンドに注目。 友人の死(M-4 Wendy)にインスパイアーされた私的な内容や、感動的なグレゴリー・ポーターのカヴァー、そして日本盤のみ収録レナード・コーエン「アンセム」カヴァー等も自身の世界に引き寄せて表現しています。

□本作詳細情報:未定

□本作収録の推薦曲:「TAKE ME TO THE ALLEY(テイク・ミー・トゥ・ジ・アレイ)」
カナダ・ジュノー賞最優秀ヴォーカル・ジャズ・アルバムを受賞した前作『ライラ・ビアリ』から現代ジャズ・サウンドに接近、この新作では前作同様スナーキー・パピーのメンバーも参加してその人脈とサウンドを維持しつつもよりSSW的テイストが強まった内容。その証がこのグレゴリー・ポーターのカヴァー曲です。

 

前作『レジーナ』から大幅にアップデイト。
ニック・ハードを共同プロデューサー/アレンジャーに迎え、
さらなるパワー溢れる地平を獲得した最新作!

ベッカ・スティーヴンス『ワンダーブルーム』 ベッカ・スティーヴンス

ベッカ・スティーヴンス『ワンダーブルーム』(RPOZ-10055/\2,640(税込)/2020年3月4日発売)
傑作『レジーナ』から3年。ベッカ・スティーヴンスの進化が止まらず、アーティストとしての本能がさらにクリエイティブなサウンドを求めていく様を示した最新アルバム。「ワンダーブルーム(Wonderbloom)」というタイトルは、亜熱帯雨林地域に自生する数年に一度、それも二日程度しか咲かない巨体花「タイタン・アルム(Titan Arum)」にベッカがインスパイアーされたことによるもの。巨大ゆえの力強さ、開花する時間の短さによる儚さ、強い腐臭etc。さまざまな暗喩を感じ、ここからベッカのパワフルな新しい世界が導き出されています。

□本作詳細情報http://coreport.jp/catalog/rpoz-10055.html

□本作収録の推薦曲:「Good Stuff(グッド・スタッフ)」
スナーキー・パピーの音作りにかかわるニック・ハードを共同プロデューサー/アレンジャーに迎え、ベッカらしいメロディと圧巻のヴォイス・コントロール、多彩なセルフ・コーラス・ワークはそのままに、今回はプログラミングも手掛けた。低音のリズムと音色が大幅にアップデイトし、カラフルな世界とSSWらしいモノクロな側面を両立させた最新作です。 https://www.youtube.com/watch?v=_aJ0wLy7C68

【ベッカ・スティーヴンス、3回目の来日公演決定!】
2017年の来日に続き、コアポート発売最新作『ワンダーブルーム』に合わせて再来日公演が決定。
2020年3/9(月)~3/10(火) Blue Note東京
□詳細情報 http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/becca-stevens/

 

飛翔感ある抜群のヴォイス・コントロール、今NYで最も注目されるシンガーのデビュー作!

オーブリー・ジョンソン『アンラヴェルド』 オーブリー・ジョンソン

オーブリー・ジョンソン『アンラヴェルド』(RPOZ-10054/\2,640(税込)/2020年2月5日発売)
本作の収録曲は自身のオリジナルの他に、アニー・レノックス、A.C.ジョビン、エグベルト・ジスモンチ、ノーマ・ウィンストンの自作名曲(ノーマのアルバム『Well Kept Secret』に「A Timeless Place」として収録)のカヴァーを収録。さらに日本盤ボーナス曲として、シコ・ブアルキとエドゥ・ロボの名曲「ベアトリス」を収録。ジャズ/クラシック/ブラジル音楽他、様々なエレメントが感じられます。

□本作詳細情報http://coreport.jp/catalog/rpoz-10054.html

□本作収録の推薦曲:「Unraveled(アンラヴェルド)」
現在のニューヨーク・ジャズ・シーンにおけるトップ・コール・シンガーによる待望のデビュー作。群を抜いたスムースな歌唱力、バスクラリネットやバイオリンも入った独特の編成が今の空気を伝えてくれます。アルバム総合プロデュースはライル・メイズで、実は彼女の叔父。全米でも今後注目される逸材として期待されています。

 

トロント出身NY在、ニーナ・シモンにも影響された
エモーショナルで繊細なスモーキー・ヴォイス。
ジョー・サンプル、スティーヴィー・ワンダー他カヴァーも収録!

ジリアン・マーゴ『パワー・フラワー』
 ジリアン・マーゴ

ジリアン・マーゴ『パワー・フラワー』(RPOZ-10051/\2,640(税込)/発売中)
本作はオリジナルに加え、ニーナ・シモンやローリン・ヒル、クレゴリー・ポーターでもお馴染みのトラッド名曲「ブラック・イズ・ザ・カラー」、ウェザー・リポートの『ウェザー・リポート(1982)』よりウェイン・ショーター作、ジョー・サンプルがランディ・クロフォードやレイラ・ハサウェイと共演した名曲、スティーヴィー・ワンダー『シークレット・ライフ』からアルバム・タイトル曲等、極めて現代ジャズ的感覚のカヴァー・セレクションも収録しています。

□本作詳細情報http://coreport.jp/catalog/rpoz-10051.html

□本作収録の推薦曲:「Power Flower(パワー・フラワー)」
トロント出身で現在はNYで活躍する大型シンガー、ジリアン・マーゴの最新作。このスティーヴィー・ワンダーのカヴァー曲で感じられるように、ニーナ・シモンの影響も伺えるスモーキーな声と独特のJAZZ的R&Bフィーリングが心地よい。アルバム・ジャケットは世界中で活躍する日本人クリエイターのTOKIO AOYAMAによるものです。

 

没後60周年となるビリー・ホリデイへのオマージュ作。
イタリアン・ジャズ最高峰のミュージシャンと共に綴られる、気品あるデリケートな音世界!

ジョー・バルビエリ『ディア・ビリー』
 ジョー・バルビエリ

ジョー・バルビエリ『ディア・ビリー』(RPOP-10029/定価:\2,860(税込)/発売中)
本作はベース/ピアノ/クラリネット編成という最小限かつ最高のメンバー、もともとクワイエット・ジャズ性が強かったサウンドが、今回は究極にまで展開された美しいアルバム。ビリー・ホリデイの世界を表現するためのスピリチュアルが、細かいところまで行き届いたデリケートかつメランコリックなサウンドとして昇華されています。レパートリーはビリー・ホリデイの名唱として記憶されている名曲ばかりです。

□本作詳細情報http://coreport.jp/catalog/rpop-10029.html

□本作収録の推薦曲:「The End Of A Love Affair(恋路の果て)」
日本に紹介されてから10年以上、「ナポリのカエターノ・ヴェローゾ」としてボサノヴァ系のサウンドがメインだったが近年はジャズ・サウンドへ接近。このビリー・ホリデイに捧げた最新作ではイタリアン・ジャズ最高峰のミュージシャンと共に、気品あるデリケートな音世界を完成させています。
https://www.youtube.com/watch?v=QtuF_5NxGOY

 

ポップなのに、切ない。ジャズとR&Bが重なる新しいメロウネス、
シンガー・ソングライター酒井尚子のデビュー作。石若駿、黒田卓也 他が参加!

酒井尚子『THE LIGHT』 酒井尚子

酒井尚子『THE LIGHT』(RPOL-10008/\2,241(税込)/発売中)
本作は全曲がオリジナル曲。時には内省的な歌詞と、自然に湧き出るという様々な曲タイプは、サウンドから伝わる繊細な感性と共にすべて酒井尚子の色彩となっていき、ナチュラルなヴォーカルとのコントラストをさらに美しく、希望溢れるものにしていく作品です。

□本作詳細情報http://coreport.jp/catalog/local/rpol-10008.html

□本作収録の推薦曲:「Unseal (アンシール)」
NYニュースクール出身、ジャズ/R&B/ヒップホップ他のレイヤーを自在に越境する注目のシンガー・ソングライターのデビュー作。凛としたテンダー・ヴォイスから都市の日常風景や、センシティヴな人の心のうつろいがメロウに響きわたる。黒田卓也(tp)、石若駿(ds, org他)が参加。
https://youtu.be/KhcHH-yyZOo

 

 

「コアポート」と「クワイエット・コーナー」による新しい音風景のコラボレイト。
“日常の風景(=ランドスケープ)に寄り添う”をテーマに選曲した、
クワイエット・コーナーのスペシャル企画盤!

V.A.『CORE PORT×Quiet Corner: Landscape 01』

V.A.『CORE PORT×Quiet Corner: Landscape 01』(RPOZ-10052/\2,640(税込)/発売中)
本作は80タイトルを超えるコアポート音源から、“日常の風景(=ランドスケープ)に寄り添う”というテーマを基に、山本勇樹氏 (Quiet Corner)がメロウで心地よい雰囲気を持った曲をセレクト。全てが有機的に繋がりながら、四季折々のあらゆる風景に溶け込んでいく洗練されたサウンド・デザイン、しなやかなリズム・セクション、美しいメロディ・ラインが豊かな音の表情の数々。ジャズ/南米音楽/クラシカル/シンガー・ソングライターなど、珠玉の名曲・名演が詰まった一枚です。

□本作詳細情報http://coreport.jp/catalog/rpoz-10052.html


-----------------------------------------------------------------

【ピアノ音楽ファンへお勧め】
ポーランドの庭園で起こった奇跡の瞬間。
小鳥のさえずり、港から聞こえる鴎の鳴き声、子供たちの笑い声、
すべてがピアノ・ソロと調和した美しい小宇宙!

スワヴェク・ヤスクウケ『パーク・ライヴ』 スワヴェク・ヤスクウケ

スワヴェク・ヤスクウケ『パーク・ライヴ』(RPOZ-10053/\2,750(税込)/発売中)
本作は小鳥のさえずり、カモメの鳴き声他と、モジュレーターをセットしたピアノとの共鳴が素晴らしいライヴ・アルバム。「ザ・ピアノエラ2017」での伝説的な公演も話題を集めたスワヴェク・ヤスクウケが、2019年7月にポーランドにあるミュージアム庭園で行った演奏。綿密なミックス作業が繰り返され、スワヴェクならではの感性が溢れたマジカルな音世界が誕生。地上の生き物や自然の音までもピアノ・ミュージックとして幻視したアンビエントの極致ともいえる作品です。

□本作詳細情報http://coreport.jp/catalog/rpoz-10053.html


-----------------------------------------------------------------

【ピアノ音楽ファンへお勧め】
ザ・ピアノエラ2019にも出演、今最も注目されているポーランドの女性ピアニスト、
ハニャ・ラニが残したポスト・クラシカル/チェンバー・ミュージックの傑作!

ハニャ・ラニ&ドブラヴァ・チョヘル『ビャワ・フラガ(白い旗)』 ハニャ・ラニ&ドブラヴァ・チョヘル

ハニャ・ラニ&ドブラヴァ・チョヘル『ビャワ・フラガ(白い旗)』(RPOP-10030/\2,800(税込)/発売中)
本作はゴーゴー・ペンギン他を擁するUKのレーベルGondwanaから新作ソロ『ESJA』をリリース、急速に注目されているポーランドの女性ピアニスト・作編曲家、ハニャ・ラニ。彼女が2015年、同世代の女性チェロ奏者ドブラヴァ・チョヘルと作ったポスト・クラシカル/チェンバー・ジャズの香り溢れたデュオ傑作アルバムです。

□本作詳細情報http://www.coreport.jp/catalog/jazz_inst/rpop-10030.html


-----------------------------------------------------------------

【ワールドミュージック・ファンへお勧め】
現代アルゼンチン音楽シーン最高のジョイント。シーンの中心グループ、アカ・セカ・トリオと、
日本でも人気の高いタンゴ/ジャズ・ピアニスト、ディエゴ・スキッシの最新共演ライヴ!

アカ・セカ・トリオ&ディエゴ・スキッシ・キンテート『エルマノス』 アカ・セカ・トリオ&ディエゴ・スキッシ・キンテート

アカ・セカ・トリオ&ディエゴ・スキッシ・キンテート『エルマノス』(RPOP-10003/\2,750(税込)/発売中)
今や一大勢力となった現代アルゼンチン音楽。本作はそのきっかけを作った重要グループのアカ・セカ・トリオと、新世代タンゴ/ジャズを代表し、現地ブエノスアイレスでも話題独占のピアニスト/作曲家のディエゴ・スキッシ。この最注目アーティストが、ジューサ他のライヴ演奏でおなじみのカフェ・ビニーロで演奏した2013年のライヴ・アルバムです。

□本作詳細情報http://www.coreport.jp/catalog/rpop-10003.html


-----------------------------------------------------------------

【ワールドミュージック・ファンへお勧め】
詩情豊かなピアノとサウダージ・ヴォイス。シンガー・ソングライター&ピアニストのゼ・マノエウの作品は、ブラジル音楽/ジャズ/チェンバー・サウンド他をモダンに融合させた大傑作。
カシン、トゥッティ・モレーノ他参加。

ゼ・マノエウ『歌、そして静けさ』 ゼ・マノエウ

ゼ・マノエウ『歌、そして静けさ』(RPOP-10011/\2,640(税込)/発売中)
溢れ出る才能と詩情。本作はシンガー・ソングライター/ピアニスト、ゼ・マノエウのとてつもない大傑作盤。ピアノを前面に出し、要所にストリングスを配して表現したタイトル通りの「歌と静寂」の世界。ベーシック・プロダクションにはカシンが全面参加。前作から大きく発展した、美しすぎるシネマティックなサウンドを収録しています。

□本作詳細情報http://www.coreport.jp/catalog/rpop-10011.html


-----------------------------------------------------------------------

【ワールドミュージック・ファンへお勧め】
2018年11月に亡くなったフランシス・レイが、サラヴァ・レーベルに残した数々の名曲、
そして自演音源をコンパイルした日本独自企画の追悼編集盤。

V.A.『あの夢をふたたび - フランシス・レイ作品集』 フランシス・レイ&ピエール・バルー

V.A.『あの夢をふたたび - フランシス・レイ作品集』(RPOP-10028/\2,640(税込)/発売中)
本編集盤はフランシス・レイの有名サントラ曲だけに限らない、その作曲術の素晴らしさ、美しいメロディ揃いの60~70年代作品から主にセレクト(全曲フランシス・レイ作曲音源)。個性でもある抒情性や繊維なメロディにフォーカスした内容となっている。貴重な自演曲では、実は評価の高いスウィートな声も聴きどころのひとつです。

□本作詳細情報http://www.coreport.jp/catalog/rpop-10028.html

 

関連リンク

□CORE PORT Official Site : http://www.coreport.jp

 

ON AIR CHANNEL

今回、ご紹介のアーティスト「ライラ・ビアリ、ベッカ・スティーヴィンス、オーブリー・ジョンソン、ジリアン・マーゴ、ジョー・バルビエリ、酒井尚子」の推薦曲をチェックするならこちらのチャンネル!

有線放送キャンシステム
放送CH : 「コンテンポラリー・ジャズ・ボーカル」 
DiVA311ch / CAN B-06ch(関東) D-21ch(中部)
放送期間 : 2020年2月1日~2020年3月31日

有線放送キャンシステム番組サイト:http://www.cansystem.info

法人のお客様向け音楽放送サービス 個人のお客様向け音楽放送サービス


キャンシステム番組案内サイト有線ランキング日本有線大賞MUSIC LOUNGE有線放送キャンシステム
有線放送カード決済サービスレンタルサーバー店舗の防犯カメラ
(C)Copyright CANSYSTEM.CO.,LTD. All rights reserved.