「YOU KNOW MY CLASSIC」TOP有線放送キャンシステム番組案内サイト有線放送のお申し込みはこちら
FEBB AS YOUNG MASON Selection for CANSYSTEM

 

FEBB AS YOUNG MASON Selection for CANSYSTEM

有線放送キャンシステム HIP HOP ch、毎週金曜日と土曜日はアーティストセレクション「YOU KNOW MY CLASSIC 」をオンエア!今月は3月29日にアルバム『So Sophisticated』をリリースしたFEBB AS YOUNG MASONに「もろに食らったHIP HOP」を選曲して頂きました!そして、今回もインタビューを敢行!是非チェックしてみて下さい!

On Air

放送時間: 4月毎週金曜・土曜 18時~
チャンネル: HIP HOPチャンネル 
CAN有線:E-14(関東・関西)、D-12(九州)、E-17(中部・静岡)、D-17(新潟)、E-5(中国)、D-10(東北)、E-1(北海道)、D- 15(四国)、D-8(宮崎・鹿児島)、A-18(沖縄)
DiVA:215ch

SONG LIST COMMENT

01.Coke Boys「Its Just Me」

トラックに喰らいました。
Coke Boysはやっぱ俺のアイドルですね。

02.Chinx「Dope house ft.Jadakiss」

トラックがドープ。R.I.P Chinx Drugz

03.G Herbo「For Real For Real」

なんかもう、ヤンキーって感じです。

04.Nas「You wouldn't understand ft.Victoria Monet」

Nas復活!といった感じ。キレ味鋭いラップです。

05.diplomats「Ground Zero」

トラックがやばい。

06.AZ「City Of God」

トラックが最高。ラップも最高。言うことなし。

07.curren$y「breakfast」

pvも粋。カレンシーを知った当時pv見まくって音源聴きまくってました。

08.Jadakiss「Still feel Me」

リリシスト。pvも渋い。

09.fredo Santana「No Hook」

Fredo Santanaの曲で一番最初にハマりました。

10.COKE BOYS「TUNNEL VISION」

トラックがもう。。。ズルすぎる。シリアスで、渋くて、哀愁があり、尚且つ女の子受けも悪く無いと思います。聞きやすいけど、渋い。そんな曲。Cheezeのラップが一級品。chinxの、nigga I'm flyer than I've ever beenってとことかハイライトっす。とにかくみんなに聞いて欲しい!Coke boysはこれからヒップホップを掘る人に対してすっごくオススメです。隠れ男節クラシックがいっぱい!


【ご注意事項】選曲リストの放送時間や内容は、実際の放送内容と異なる場合がございます。
放送されている曲は NOW ON AIRで確認できます。

INTERVIEW

FEBB AS YOUNG MASON メールインタビュー!

FEBB AS YOUNG MASON■アルバム『So Sophisticated』の発売おめでとうございます!
改めて制作期間を振り返ってみて、今作に対する想いはいかがでしょうか?

早かったですねー。去年の年末にはレコーディング終わっていたんですが、
そこからが長かったです。笑
エンジニアとのやり取りや海外勢の共演アーティストのルーズさにヤラレました。


■1曲目の「ANGEL」はSTILLMATICと同ネタ使いで、しかもAZとの共演でQB好きな人は、思わず反応する始まり方だと思います。このアルバムのコンセプトやテーマを教えてください。

タイトルの英語の意味は、超洗練されてる、って意味なんでタイトル負けしないように内容も頑張りました。いや、頑張ってはないですかね。ラフですが、でも芯のある作品になったと思いますね。あと、今回リリース元のウルトラ・ヴァイヴのA&Rの方に、スルメ盤という評価をいただきまして、結構自信になってます。テーマは、東京に住むビーボーイの日常、メンタルです。


■現行USのPRODUCER陣には、圧倒されました。オファーから制作まで、
海外とのやりとりは苦労されましたか?また、今後共演したい海外のプレイヤーはいますか?

自分が閃いて、連絡先を探して相手に話して、っていう手順は毎回変わらないですが、お金を払ってからの話は早かったです。さすが音楽ビジネスの本場だなといった感じでした。


■国内アーティストの客演陣の人選はどうやって決めましたか?

閃きです。

 

■今作でメインに使用した機材と、フェイバリットな機材やソフトを教えてください。

メインに使用したのはAKAIのMPC RENAISSANCE、フェイバリットの機材もそれです。最近はシンセも使いだしました。

 

■今作で気に入っているサンプリングネタや、お気に入りのフレーズを教えてください。

気に入ってるフレーズは、「普通じゃない少年時代 過ごした奴のDOG LIFE 」(Angel ft. AZ)
サンプリングネタはやっぱり一曲目、これもAngelからですが、Stacy Lattisawの"Let me be your angel"ですね。ネタがかっこよすぎる。

 

■制作期間中に印象深い出来事などありましたか?

今回は特にないです。スムーズに進みました。

 

■フリースタイルバトルが火種となり、ここ数年でHIPHOPの注目度は上がりました。アルバムを聴いた後に、この質問はなんの意味も持たないと思いますが、こういう現状の中で何か感じることはありますか?

ヒップホップを聞く絶対数が増えたなと思うので、その中から俺らの音楽にどんだけ引き摺り込めるかだと思ってますね。

 

■ここ最近で、ライブやイベントで印象深かった出来事があれば教えてください。

DOGGIES(ダギーズ)のライヴは毎回超盛り上がります。是非一度みんなにも体感して欲しいですね。

 

■ALL TIME BESTなトラックメイカー、MCを教えてください。

トラックメーカーはHARRY FRAUD、ラッパーはAZ、NAS。

■第59回グラミー賞で最優秀新人賞にチャンス・ザ・ラッパーが受賞したことについて、何か思うことはありますか?また、個人的に2017年度グラミー作品を挙げるとすれば何かありますか?

グラミーに上がるようなそんな有名な作品聞いてないです。良かったミックステープは、Jim Jonesの"The Kitchen"。

 

■最後に、HIP HOPの枠とは関係ない所で、現在興味があることがあれば教えてください。

前回と同じで、ギャル。笑

 

■ ありがとうございました!

Release info

FEBB AS YOUNG MASON『So Sophisticated』 FEBB AS YOUNG MASON『So Sophisticated』
2017年3月29日発売
VBCD-0082/¥2,400+税

<収録曲>
1.ANGEL FT.AZ prod.FEBB
2.CAREFREE prod.FEBB
3.DON FT.B.D. prod.V DON
4.HUSSLE 4 HUSSLE FT.KNZZ prod.SCRATCH NICE&GRADIS NICE
5.THE GAME IZ STILL COLD FT.A-THUG prod.LUCA VIALLI
6.ON FIRE FT.敵刺 prod.NY BANGERS
7.AESTHETIC prod.FEBB
8.OPERATION SURVIVE prod.CHAD G
9.SHADOW -EYES- prod.FEBB
10.WELCUM 2 THE HEAVEN FT.BOOGZ BOOGETZ prod.FEBB
11.OUTRO prod.FEBB
12.CONQ CITY PT.2 prod.FEBB


CHANNEL INFO

FEBB AS YOUNG MASONのナンバー「ANGEL FT.AZ」をチェックするならこちらのチャンネル!

★J-ストリート
<CAN有線:E-07ch(関東)/SPACE DiVA:301ch>

Profile

東京出身。1994年生まれ。2009年、高校1年生の頃に自身が主催したパーティーでDJとして活動を開始。その頃に知り合ったYoung DrunkerやAdams campなど現在にも繋がる人脈とリンクする。その人脈から、噂が噂を呼び、中野ヘビーシックゼロや池袋ベッドなどでDJをするようになる。またその頃にはトラック制作も開始、Young Drunkerのmuta等へビート提供開始。2011年5月、自身初となるフィジカル作品である、リミックス集「3000」をリリース。また同時期にAdams CampのEP「enter the vo.ku.」をリミックスした「FLIPPED SHIT」をリリースする。Boot Streetのチャートで一位を獲得するなど、功績を残す。「FLIPPED SHIT」には初めてとなるラップも収録され、話題を呼ぶ。その頃から着手したJJJとのユニット、Fla$h-BackSでの活動が徐々に動き出し、また2011年11月にはTetrad The Gang Of FourのSperbらとのグループ、Cracks Brothersとして「straightrawlin' 」をリリース。自身のトラックと自身初となるソロ曲が収録され、各方面から注目を浴びる。様々な企画などへのトラック提供を経て、2013年にはFla$hBackSとしてアルバム「FL$8KS」をリリース。アメブレイクCo-Signの第一弾アーティストとして抜擢されるなど、セールスのみでなく活動の記録を残す。2014年1月にソロアルバム「The Season」をリリース。故Dev Largeから「10年に一度のラップアルバム」と称賛を得る。その後は役所広司主演、映画「渇き」にFla$hBackSとして挿入歌を手掛けるなどヒップホップシーンに留まらずその名と活動の幅を広げる。また、KNZZ、DJ J-SCHEMEとのグループ、DOGGIESでの活動も活発化し2016年12月にEP「YOU BARK, WE BITE」をストリート・リリース。2017年1月には自身初となるビートアルバム「BEATS & SUPPLY」を発表。そして、3月には待望の2ndソロアルバム「So Sophisticated」をリリース。今後ますます目が離せないラッパー、トラックメイカー、DJの一人だ。

HIPHOP アーティストセレクション「YOU KNOW MY CLASSIC」TOP

法人のお客様向け音楽放送サービス 個人のお客様向け音楽放送サービス

キャンシステム番組案内サイト有線ランキング日本有線大賞MUSIC LOUNGE有線放送キャンシステム
有線放送カード決済サービスレンタルサーバー店舗の防犯カメラ店舗のLED照明

(C)Copyright CANSYSTEM.CO.,LTD. All rights reserved.